最近気になるお肌とホルモンバランスの無視できない関係性

ホルモンバランスが乱れると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまったりと体に悪影響を及ぼしてしまいます。体調不良の他にも肌の不調も引き起こしやすくなります。

特に女性は生理前に女性ホルモンが乱れやすくなるのですが、原因は生理前に増えやすいプロゲステロンというホルモンなんです。

プロゲステロンは妊娠しやすい体を作るのに欠かせませんが、このホルモンが増えると、皮脂の分泌が多くなってニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

生理前は肌が敏感な状態になっているので、肌にちょっとしたストレスを与えただけでもトラブルを起こしやすくなります。

生理前に肌がボロボロになったり、ニキビ跡が赤く目立ちやすくなってしまうのは女性ホルモンの乱れが原因となっている可能性が高いです。

また、水分を多く蓄えようとするために顔がむくんでしまうこともあります。ホルモンバランスは生理前だけじゃなく、ストレスや乱れた食生活などでも乱れてしまうことがあるので注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れは肌荒れやニキビなど肌トラブルの元となりますが、自分の力でホルモンバランスの乱れを改善することも可能です。

ホルモンバランスが乱れた時や整えたい時に是非摂取したい成分は、イソフラボンです。豆腐や納豆などの大豆に多く含まれている成分で、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分であることが分かっています。

エストロゲンには女性らしい柔らかい体形にしてくれたり、肌トラブルを改善してくれる効果があるので、生理前にイソフラボンが豊富に含まれる豆乳を飲むようにすると良いですよ。

肌荒れが気になる人は、ビタミンB2やビタミンEが豊富なアーモンドを間食代わりに食べるのも効果的です。その他に、ホルモンバランスを整えるために摂取したいのが、ビタミンB6とプラセンタです。

ビタミンB6はカツオやマグロ、バナナなどに多く含まれています。プラセンタは、サプリで手軽に補えるので疲れやすかったり、皮脂の分泌が気になるときに飲んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です