スキンケアは何も女性だけのものじゃない

男性の肌は、脂が溜まりやすい傾向にあります。中年男性などは、肌が脂でテカテカとしているなんて言われることもありますが、年を取ったからといって、脂の量が比例して増えるわけではありません。男性は、思春期から60歳近くになるまで、脂を分泌する皮脂腺の活動は衰えることがありません。

したがって、どの年齢だから脂が多いという区別は、あまり意味が無いのです。

調査によると、男性の皮脂の分泌量は、女性のおよそ3倍にものぼるという結果が出ています。男性は女性よりも、皮脂腺が活発に働くことで、脂が多くなって肌がベタつきやすくなるのです。脂が多いので、肌が乾燥するのを防ぐ効果があると思っても、不思議ではありません。

しかし、男性の肌は脂が多いにも関わらず、乾燥しやすいのです。肌を守ってくれる角質層には、角質細胞というものがありますが、男性の場合、この中に含まれる水分量が少ないのです。だから脂でベタつくのに、乾燥しやすい厄介な肌になります

皮脂をしっかりと落とす時には、洗顔の仕方が大事になってきます。間違った洗顔を続けてしまうと、肌にダメージを与えてしまい、肌荒れなどを引き起こす原因となってしまいます。

肌が脂ぎっているからといって、何度も洗顔をするのはよくありません。洗顔は、朝と昼の二回ぐらいを目安にして行いましょう。朝の洗顔は、少しぬるいと感じるお湯を使って行うと効果的です。朝にぬるま湯で洗顔をすることは、皮脂腺の活動を正常にすることに繋がります。

洗顔料などを使用して、肌の皮脂をしっかりと落とすのは、夜の洗顔で行いましょう。

洗顔料を使って洗顔するという時に、泡を強く擦りつけながら行うと、肌にダメージを与えてしまうこともあります。優しく肌になじませて、皮脂を洗顔料の泡に吸着させるようにすることが大切です。皮脂を落とすには、強く泡を擦りつけないと効果が出ないと思っている人は、勘違いをしています。正しい洗顔の仕方を知っておきましょう。

保湿系のクリームならこちらのサイトにある商品がおすすめですよ。

顔の乾燥にはコレが効く!高保湿クリーム【全品トライアルOK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です