活性酸素は人体の悪魔|どうやって戦う・

人間の身体は絶え間なく呼吸を行っており、体内に酸素が取り込まれています。そのため、身体は酸素に影響を受けて酸化し続けていることになります。

細胞は酸化することで傷つき、それが肌にも影響を与えます。ハリを作るためのコラーゲンがうまく生成されなかったり、ターンオーバーが正常に働かなかったりと、酸化してしまうことで様々な方向から肌に悪い症状が出てしまいます。酸化は肌の老化を早めてしまったり、思わぬトラブルに繋がることもあるのです。

肌に悪い影響を与える活性酸素を取り除き、酸化を抑制する働きがあるものが抗酸化物質です。ビタミンEやC、それから酵素などが活性酸素を消し去る働きをして、抗酸化のためのネットワーク作りをしてくれます。

抗酸化成分には色々なものがあり、大きく分けると血液などの液体の中にある水溶性成分と、脂質の細胞膜に存在する脂溶性成分です。

抗酸化成分は普段口にしている食品に含まれています。日頃からバランスよく食事を摂取したり、不足を感じたらサプリメントでも補うことが可能です。

肌が老化してしまう大きな原因の一つが活性酸素です。活性酸素は日常的に体内で生成されていて、本来は体内に侵入した細菌やウィルスから身を守る働きをしますが、必要以上に作られてしまうと正常な細胞を攻撃して、逆に健康状態に害を及ぼします。

肌においてはくすみやたるみ、それにシミとシワの原因になるものです。ですので、健康のためにも肌を良い状態に保つためにも、活性酸素を増やさないようにする必要があり、そのために必要な成分が抗酸化成分なのです。

抗酸化成分で体内の抗酸化力を上げて、活性酸素の生成を減らします。しかし抗酸化力というのは生活習慣の乱れや年齢とともに低下してしまうものです。食事から抗酸化成分を摂取できますが、ストレスや睡眠不足などでも不足してしまいがちなので、意識して摂取していくことが大切です。

老化の原因である活性酸素で肌が酸化してしまわないように、抵抗する力を見につけるのに必要なのが抗酸化成分です。